ブックタイプを選ぶ

>

タイプによっては割引がある

装丁や画質の種類が選べる

仕上がりの差が出る事がフォトブックは多い商品です。
サンプルや比較サイトを見て種類やタイプを選びましょう。
同じ会社でも種類によって仕上がりが異なる場合があります。

費用がかかっても上質を選ぶのか、少し画質を落としても費用が安い種類を選ぶのか決めましょう。
目的でどのような仕上がりにするのか決めるのは良い方法です。
記念に残す場合は上質のタイプを選ぶと後悔しません。
何かしらのこだわりがある大切な写真の場合は上質が適しています。
写真の種類によってどのような種類が適しているのか異なります。
迷う場合は担当者に相談をして仕上がりなどを選ぶと良いでしょう。
事前に希望する仕上がりを伝えるとどれが良いか教えてもらえます。

レイアウトやテンプレートで種類が分かれる

フォトブックは写真のレイアウトやテンプレートで種類が分かれます。
自分の好みのレイアウトやテンプレートがある会社やサイトを探すのがポイントになります。
シーン別に適したレイアウトやテンプレートを選びましょう。

自分の好みの種類やプレゼントしたい相手のイメージに近い物があるかどうか調べましょう。
最近はこれらを一種類だけでなく何種類か用意しているケースが増えています。
この商品の需要があるからです。

サイトで探しにくい場合は担当者にイメージを伝えてあるかどうか質問をしましょう。
写真を記念や記録として楽しめるフォトブックはレイアウトやテンプレートでイメージが変わります。
センスの良いサンプルがある会社やサイトを選ぶと良いです。


この記事をシェアする

TOPへ戻る↑